愛知県豊田市【まごころ解体屋】家の解体ならGODAI-伍代-

相続する場合は解体費用は誰が負担する?家の解体の疑問

相続があった場合、家を解体し、売却をする事もあるかと思います。

相続で家を解体することになった場合、解体費用は誰が負担するものでしょうか。

 

相続で解体する場合は誰が費用負担するべきか

相続の場合解体費用は誰が負担する?

解体費用をだれが負担するか、当然ながら1人で相続するか、複数人で相続するかによって変わってきます。

 

1人で相続する場合

1人で相続をする場合は、解体費用はその相続人本人が負担する事となります。

複数人で相続する場合

相続人が複数いる場合は、解体費用は負担方法は場合によって変わる事が多いです。

①相続人が複数人いる場合で、1人の相続人が土地の建物を相続する場合は、土地と建物の相続人が解体費用を負担する

②複数人の相続人がいる場合で、みんなで解体費用を負担し、土地が売却できた売却益も複数人で分割する

③複数人の相続人がいる場合で、1人の名義で解体費用の負担、土地売却益を受け取り、差額を分割する

といったケースが考えられます。

 

愛知県の解体工事は伍代へお問いあわせください

愛知県豊田市にある株式会社伍代では、愛知県内の解体工事を行っております。

解体工事だけでなく、不動産売却も行っておりますので、解体工事、不動産売却と分けて考える必要がなく、あわせてご相談いただけます。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら