愛知県豊田市【まごころ解体屋】家の解体ならGODAI-伍代-

解体工事の工法の種類とは?手壊し・重機など工法についてご紹介

解体の工法にはさまざまな工法があり、主に建物の構造に合わせて工法も変わってきます。

 

解体工事の3つの工法

3つの解体工法についてご紹介します。

 

手壊し工法

全ての場所において、重機が使えるわけではありません。そういった場所では手壊し工法が用いられる場合もあります。

手壊し工法とは文字通り、全て手壊しで行われる工法の事です。

主に木造住宅で採用される工法ですが、手壊しの分、騒音や振動が比較的抑えられるのが特徴です。

しかし、手壊しの為、工期が長くなりやすく、コストも割高になるというデメリットもあります。

 

重機併用工法

重機併用工法とは、手壊しと重機を併用する工法で、現在では最も一般的な工法となっています。

主に木造住宅で採用される工法となっています。

日本の都市部の様に住宅同士が、すき間なく密になっている場合などは、そもそも重機が入れるスペースがない為、まず初めに手壊しである程度解体をし、スペースを確保します。

その後、確保したスペースを利用して重機で解体を行っていくというのが一般的な工法になっています。

 

圧砕機工法

重機にコンクリート圧砕機を取り付け、解体していく工法になります。

油圧式の機械を用いて、コンクリートを破砕及び切断します。

鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の解体工事に使われる工法となります。

現在のコンクリート解体では主要な方法となっています。